チャーガ茶 30パック

  • 販売価格:4,298円(税318円)
個数:

●チャーガとは?

チャーガとは、白樺に代表されるカバノキ科の幹に寄生するキノコのことです。ロシア語のЧага=chaga、和名はカバノアナタケと言います。古くからロシア・シベリア地方の常備薬としても重用され、別名シベリア霊芝とも呼ばれています。
 元来、白樺の木の樹液には糖質やアミノ酸、リンゴ酸、ミネラル類などが豊富に含まれており、同時にキシリトールの原料としても有名です。その白樺に寄生し、10-15年の歳月をかけ、厳しいシベリアの寒さを耐え抜き成長を続けるチャーガ。最後には寄生した木を枯らしてしまうほど、白樺樹液の成分を吸収しているのがチャーガなのです。


【チャーガ茶の抗酸化酵素は
 アガリクスの23倍、野菜ジュースの175倍、ほうれん草の250倍!!】

●若さと健康を保つ要因は「酸化」と「糖化」を防ぐこと

最近注目を集めているAGE。AGEとは終末糖化産物(Advanced Glycation End Products)、すなわち「タンパク質と糖が加熱されてできた物質」のこと。強い毒性を持ち、老化を進める原因物質とされています。老化というとすぐに思い浮かぶのはお肌のシワや物忘れなどかもしれませんが、それだけではありません。AGEが血管に蓄積すると心筋梗塞や脳梗塞、目に蓄積すると白内障の一因となり、AGEは美容のみならず、全身の健康に影響を及ぼしていると言えます。体のあちらこちらで深刻な疾病を引き起こすリスクとなるAGEを体内に溜めない生活・減らす生活を送ることが大切です。

●酸化と糖化を防ぐチカラ「抗酸化酵素」

「ハーブの王様(King of Harbs)」、「神からの贈り物」などの異名を持つカバノアナタケ(チャーガ)。
カバノアナタケが健康に良いとされてる訳は体の酸化と糖化を防ぐ成分にあります。酸化と糖化を防ぐチカラは健康維持に役立ちます。我々の体内にもともと存在はしていますが、40歳を過ぎると生産力が減り、加齢とともに老化が加速します。それを防ぐために、食品から定期的に摂取するのが、無理なく続けられる健康法です。


【チャーガ茶のオススメpoint】

・免疫機能を高める
・アレルギー予防や改善効果が期待
・花粉症などアレルギー症状に悩んでいる方にもおすすめ
・腸を刺激して便秘(べんぴ)を予防・改善
・腸の中の有害物質や老廃物の排出をうながし生活習慣病の予防に
・ノンカフェインなので1歳のお子様から妊娠中の方、ご高齢の方まで安心してお飲みいただけます
・風邪やインフルエンザ、強い身作りに
・がん細胞の成長を抑制するのに効果を発揮
・細菌やウイルスに対する抵抗力アップ


【美味しいチャーガ茶の作り方】

1. お水2Lにチャーガティーパックを1包入れ、水から火にかけます。

2. 沸騰後、弱火にし15〜20分じっくりと煮出します。お好みに合わせて煮出す時間を調整してお召し上がりください。ホットでもアイスでもお召し上がり頂けます。

page top